スポンサーリンク

過去ブログから SKYZENmedeitation

発酵の記録

SKYZENmedeitation

今週もFM大阪さんのラジオ番組に出演させていただいています。今回は禅語をご紹介しています。そちらについて。紹介した禅語は「聖朝無棄物」と「動中の工夫は静中に勝ること百千億倍」でした。言葉の紹介はラジオの内容をお聞きいただくことして、なぜこのタイミングでこの禅語を選んだかということについて少しお話ししようと思います。

いつの時でも私たちは置かれている環境、具体的に言うとその時の政権であったり社会であったりに不平不満をもちます。それは当然のことでもあるし、改善していくことは大切です。ただ与えられるだけではなく自分たちの力によって変えていけることもあるはずです。

どんな環境でも自分が聖朝であればどんなこともチャンスに変えること出来る。withコロナが確定的となった今、私たちはどう生きていくか、このマイナスでさえもチャンスと考えて活かしきるべきだと思っています。今こそ工夫あるべしです。

ただよりよい社会であることはなによりも大事なことなので、そこは声をあげていかないといけません。何事もバランスが大切ですね。

YouTube を引き続きご利用いただく前に

昨年、コロナ禍真っただ中いただいラジオのお仕事でした。この二つの禅語は私が好きで良くお話をさせてもらっています。来月の限定朱印も動中の工夫を選びました。僧堂時代はひとつのことをするのもボーッとするな。常に何か出来ないか工夫しろと言われました。ご飯の支度をする係を典座といいますが、典座は食事の栄養バランスを考えつつ、台所には何があっていかに無駄にせずに料理をつくっていました。まさに工夫が大切です。野菜の切れ端ひとつ無駄にはしません。

私たちの毎日も見過ごしているものがあるのではないか?そう思いながら毎日を工夫していく姿勢が仏教徒として大切だと考えています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました